授乳中も葉酸は大事な栄養素です。

産後や授乳中も葉酸は大事!

 

から葉酸の摂取に気を配ってきたママさんは、多いのではないでしょうか。実は産後や授乳中も、葉酸は赤ちゃんとママをサポートするので、まだまだ必要になります。

 

授乳期の赤ちゃんの成長とママの体をサポート

葉酸は造血ビタミンと呼ばれ、血液を作る働きがあります。血液は乳房に運ばれて、母乳を作り出す元となります。また葉酸は、母乳の栄養の一つとして赤ちゃんの成長に関わる役割を持っています。葉酸が不足すると母乳の量が足らなくなるだけではなく、母乳の質も低下してしまう恐れがあります。
質の悪い母乳を与え続ければ、赤ちゃんにも影響が出てしまいます。赤ちゃんの視力や知力、体格などの成長に影響を及ぼすリスクもあると言われているので、気を配りたいものです。
さらに、授乳中のママのケアのことも考える必要があります。葉酸は、胎児に与えたため産後の体には不足した状態ですし、授乳を通してもママの方には不足しがちになります。赤血球を作る働きのある葉酸が足らないと、立ちくらみやめまいなどの症状がでる悪性貧血になりやすいので注意しましょう。

 

産後のママの回復をサポート

産後、女性の体はホルモンのバランスが乱れやすくなっています。ホルモンバランスの乱れは、抜け毛やむくみを引き起こす原因となります。また産後うつの症状がでることもあります。葉酸は、ホルモンバランスを整える効果があるので、不足しないように注意したいものです。
また、出産後の子宮は大きなダメージを受けています。子宮のなるべく早い回復は、産後のママにとってとても大切なことです。葉酸には細胞分裂を助け、新しい細胞への更新を促進する働きがあります。この働きが、子宮の回復力をアップさせると言われています。ご存知の方も多いでしょうが、赤ちゃんが母乳を飲む刺激は、子宮の収縮を促すことにつながります。葉酸によって母乳が作られ、赤ちゃんがしっかりと母乳を飲めば、子宮もさらに回復していくという相乗効果が期待できます。

 

授乳期にはカルシウムも大切です

授乳期のママの体は、カルシウムが不足します。授乳することによってカルシウムを含む栄養を赤ちゃんに与えてしまうので、きちんと補うことが大切になります。女性は、骨密度が下がる骨粗しょう症になりやすいことが知られていますが、授乳期のカルシウム不足も原因の一つと言われています。しっかりとこの時期にカルシウムを摂取することが大切になります。