葉酸サプリの基礎知識と妊娠初期・中期・後期の過ごし方

妊娠初期の過ごし方

 

人の体には摂取したほうがいいといわれる栄養素がいろいろとあります。その中でもとくに女性に必要な栄養があります。その一つが葉酸です。なぜ葉酸がいいかというと、葉酸とは、豆類やレバーなどに多く含まれるビタミンB群の1種です。これは妊娠を希望する女性にとってはあまりに重要な栄養素なのです。

 

なぜならば葉酸は赤ちゃんが元気でうまれてくるために必要だということと、血液をつくるのにかかわる栄養素が含まれているので、なくてはならない栄養素といえるのです。とくに妊娠初期段階で、母親が葉酸が不足してしまうことで、胎児の神経細胞をつかさどる部分に障害がでてしまうことがあるといわれているのです。ですから妊娠初期には、元気な赤ちゃんをうむためには、必要不可欠なものなのです。ですから葉酸を効果的に摂取することが必要です。ただ妊娠初期にはつわりなどの影響で、食事がうまく取れないという妊婦さんもいます。そんなときには、葉酸サプリを利用していくといいのです。葉酸サプリは錠剤ですので、摂取するのがとても簡単だということと、葉酸サプリで必要な葉酸が摂取できるので、不足しているのではないかと不安におもわなくても済むというのもいいのです。ただ、妊娠初期にあわてて摂取するというよりも、将来の妊娠にそなえて妊活のときから、きちんと葉酸サプリを摂取しておくことが大切です。たくさんある葉酸サプリでどれにしようか迷うなら、beltaブランドから発売されてる葉酸サプリが個人的にはおすすめです。ただ、どんなに葉酸がいいからといっても摂取しすぎてもいけません。

 

 

妊娠中期の過ごし方

妊娠中期からの母体の変化

妊娠16週〜の妊娠中期になりますと安定期と呼ばれる期間となり、つわりも落ち着き食欲もでてきます。おなかの赤ちゃんもぐんぐん成長しはじめ、おなかも大きくなってくる時期です。おなかの赤ちゃんが大きくなるだけでは無く、動きも活発になってくるのもこの時期です。妊娠初期で体調が悪く運動を控えていた方も体調を見ながら転倒に気を付けて運動するも良いでしょう。ですがいくら運動が出来、食欲もでてきたからといって暴飲暴食はもちろんNGで、太りすぎに注意をしながら、なおかつ栄養のバランスのとれた食事を心がけなければなりません。

葉酸サプリのうれしい効果

妊娠前、妊娠初期〜授乳期まで大事となる栄養素に葉酸があります。赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素であると共に母体の健康維持の為にも大事なもので妊娠初期の接種が奨励されていますが、その後も大事となる栄養素でこの葉酸を手軽に接種出来る葉酸サプリが多く発売されています。葉酸サプリのメリットは接種する葉酸の量をコントロール出来る事です。葉酸は食品から摂る事が意外と難しく、また過剰摂取は逆効果になってしまいます。葉酸サプリは葉酸のそういった弱点を弱点を補う非常に有効なものです。また妊娠中に必要な鉄分やカルシウムなどの成分が含まれているものが多いというのもうれしいポイントです。妊娠初期と妊娠中期では推奨される摂取量が違いますが、葉酸サプリだと量も調整もしやすいです。

赤ちゃんと母体の健康の為に

妊娠中期は安定期とも呼ばれるように妊娠中では最も安定している時期です。つわりからも解放され、赤ちゃんもすくすく育つようになります。ですが妊娠中という事は変わらないので油断は禁物です。過度な運動、食べ過ぎに気をつけながら健康維持に努めましょう。ですが、食べ過ぎには気をつけても母子共に健康であるためには必要な栄養素がたくさんあり、それら全てを食品から摂るという事はとても難しいものですし、それらを取り入れた食事を毎回考えるのもなかなか大変です。そんなお母さんの強い味方になってくれるのが葉酸サプリで、妊娠前から授乳期まで必要な栄養素をカバーしてくれるうれしいものです。もちろん、栄養を摂る事をサプリ頼みにしてはいけませんが、水溶性ビタミンで食材から摂る事がむずかしい葉酸を効率的に補うには有効なものですし、その他の栄養素も同時に摂れますので上手に利用していきましょう。

 

 

妊娠後期の過ごし方

妊娠後期に気をつけること

妊娠後期になり、もうすぐ赤ちゃんとの体面が間近に迫ってきたら、楽しみが増してその時が来るのを待ち遠しくなるものです。
けれども、ふと不安になることも出てきます。
例えば、流産や早産は、決して起きてほしくはありまえん。
けれども、全ての妊婦さんのうち流産してしまう確率はおよそ15%、早産はおよそ5%あり、可能性がないとはいえないのです。
流産や早産の原因は、いろいろありますが、妊婦さんの体質や生活習慣が大きく影響していることは確かです。
自分ではどうしようもない原因で、なってしまったときには、仕方がないことですが、少し気をつければならずに済んだとすれば、大変な後悔をしてしまいます。
では、どのようなことに気をつけると良いのかというと、そのひとつが葉酸をしっかりと摂取することです。

 

妊婦さんが葉酸を摂らなければいけない理由

妊娠をしている時には、葉酸を沢山摂るべきだというのは、いろんな場所で言われていることです。
なぜかというと、葉酸というのはお腹の中の赤ちゃんが育つために必要不可欠な栄養素だからです。
もしも、葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが十分に育つことが出来ずに妊娠初期にはダウン症や水頭症になってしまうリスクが有ります。いえ、赤ちゃんだけでなく、妊婦さん自身も悪性貧血など、危ない状況になることもあるのです。
また、前述の流産や早産を引き起こすのも、実は葉酸不足が原因のひとつとされています。
もし、葉酸を摂っていれば、そういった流産や早産の可能性を予め改善することができますし、それに加えて子宮を強くしたりもできるので、とてもいいことばかりなのです。
このような理由で、妊婦さんはできるだけ多くの葉酸を摂るべきなのです。
もちろん、摂り過ぎ、というのは何事でも逆効果ですから、ほどほどの量にしておくことが大切です。

 

葉酸をどうやって摂るか?

葉酸は、厚生労働省によると1日に480マイクログラムが目安だとしています。
それを食べ物で摂ろうとすれば、鳥レバーや肉類などをかなりたくさん食べることになります。
でも、葉酸が沢山入っているはレバーや肉など、食べ過ぎてはいけない成分も多く、食事で必要な量を確保するのは難しいです。
そこで葉酸サプリの登場です。
葉酸サプリならば、必要な量をカプセルで手軽に摂ることが出来ます。
それに葉酸サプリなら、献立をいちいち考えることもありません。
毎日決まった分量だけ葉酸サプリを飲み続ければ、効果が発揮されてきます。
気をつけなければいけないのは、葉酸サプリだからといって、それだけが入っているわけではなく、他の栄養素も含まれていることが多いことです。
中には、その他の栄養素にアレルギーが出てしまうことがあるので、購入するときには商品の成分表を、じっくりと見て確認しておきましょう。